岡崎の結婚式場 izumoden 岡崎(出雲殿) スタッフブログ › 2008年05月

Rickshaw

2008年05月07日

英語で発音すれば「リックショー」というのが一番ネイティブな発音に近いかも知れません。
「Rikisha」とも綴りますが、何だかお分かりでしょうか?

実は「人力車」のことなんです。

IZUMODENグループで所有している人力車は現在数台ありますが、すべて伊豆半島は伊東市にある「升屋」と呼ばれる工房で製作されたものです。

_MG_1009.jpg

この「升屋」という日本で唯一の人力車工房を営む河野茂さんは、その昔は埼玉県で「武蔵の国 金国」の銘で有名な刀鍛冶だった方ですが昭和46年から人力車製造を開始、昭和63年「伊豆が大好きで(ご本人談)」現在の伊東市に移り住んでその工芸技術を人力車のために注いでいる方です。

_MG_1010.jpg

細かな板金の仕上げは刀鍛冶ならではのものでしょう。また、工芸品としての仕上がり以外にも「機械」としてのメカニズムの追求にも非凡なものを持っているのが河野さんの凄いところです。
実際に人力車を見ると解るのですが、鋼を打ち出したと言う車軸を保持するリーフスプリングの見事さです。
一人乗り・二人乗りそれぞれの荷重に応じてスプリングが機能する、いわゆる「プログレッシブ特性」のサスペンションに仕上がっているという評価は定着しています。

_MG_1014.jpg

それもそのはずこの河野さん、発明家として「アイドリングストップ装置」「ヒルホールド機能」など、今では乗用車や商用車に当たり前に使われるようになってきた特許の取得者としてもその世界では有名な方なのです。
最近では「電動アシスト人力車」など、ニーズに合わせてテクノロジーを適合させていくと言う、製造業としては真当な仕事を見せてくれる職人さんであり経営責任者でもあるわけです。

_MG_1006.jpg

この「升屋」製の「武蔵の国金国」銘の人力車、現在はガーデンヒルズ岡崎出雲殿およびタワーヒルズ浜松出雲殿で見ることが出来ます。
今年に入ってオープンした神殿の脇に置かれた姿は、工業と工芸の融合という近代日本の原点とも言えます。


「升屋」の人力車が見られるガーデンヒルズ岡崎出雲殿については

http://i-wedding.jp/okazaki/

タワーヒルズ浜松出雲殿については

http://i-wedding.jp/hamamatsu/  

Posted by izumoden 岡崎 at 00:08Comments(1)TrackBack(0)
岡崎の結婚式場 「izumoden 岡崎」(出雲殿)のスタッフブログ。ブライダルフェアやウェディングレポートなど、izumoden 岡崎から結婚式に関する情報に関して綴っていきます。