岡崎の結婚式場 izumoden 岡崎(出雲殿) スタッフブログ  ›   ›  ステンドグラス

ステンドグラス

2011年06月08日  
こんばんわface01ガーデンヒルズ岡崎です!
今日は私の好きな教会のステンドグラスについてちょっとお話をicon23


破片の形で残る最も古いステンドグラスは、フランク王国のカール大帝の支配下にあったロルシュ修道院(ドイツヘッセン州)で見つかっている。修道院は764年創建だが、ステンドグラス自体は9世紀のものだと推定されている。

ステンドグラスにはキリスト像が描かれていた。原型を留める最古のステンドグラスは、ドイツ南部バイエルン州に位置するアウクスブルク大聖堂に残る。ダニエルをはじめとする5人の預言者を描いたステンドグラスは12世紀初頭の作品だと考えられている。

その後、ステンドグラスはフランスにおいて発展していく。12世紀頃になるとロマネスク美術に続いてゴシック美術が北フランスからおこり、建築技術の向上が見られた。飛梁の発明により天井は高く壁は薄くなり、大きな窓が可能になった。ゴシック様式を採用した教会堂の窓には彩色の施されたステンドグラスが使用されるようになり、教会堂は光のあふれる空間となった。

しばらく見ていても全然飽きのこないこの配色・・・音符パイプオルガンや鐘の響きとともにチャペルには欠かせないものですねにんまり


ご来店の際にはぜひご覧になって頂きたく思います。




この記事へのトラックバックURL

http://okazaki.blog.i-wedding.jp/t2227
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

岡崎の結婚式場 「izumoden 岡崎」(出雲殿)のスタッフブログ。ブライダルフェアやウェディングレポートなど、izumoden 岡崎から結婚式に関する情報に関して綴っていきます。